オードリーへ

オードリーへ

私たちがあなたを見つけた時、あなたは完全な野良猫で、しかも半分死にかけていたよね。

4年かかったけど、今は誰に対しても攻撃的になっていた頃からずいぶん成長してくれて嬉しく思ってるよ。

頭を撫でさせてくれるようになるまでは、8年もかかったよね。それ以外の場所に触ろうとしたら噛みつくけれど。

あなたが人間嫌いだってこと受け入れてるし、私もあなたは自由なままでいいと思う。

でもね、実は私、あなたの秘密を知ってるんだ。

あなたが夜になるとこっそり私の部屋に来て、隣で眠っていることを。私はちゃんと気付いてるよ。

あなたは、本当はひねくれものの猫じゃないってことも、知ってるよ。

あなたは体重が9kgもあるデブ猫だから、私が寝ている時でも周りを歩くとすぐにわかるのよ。

しかもハッピーな時には、あなたは貨物列車のような音で声を立てるでしょう。それに、私を見つめて顔によだれを垂らすことだってあるじゃない?

あなたは、いつも私が寝付いたと思ったら部屋にやってきて、起きそうになったらこっそり出て行くよね。そんなあなたを、ひねくれているなんて思ってないよ。

あなたのことが大好きだよ。だってあなたは、あなたなりの方法で私に愛情を示してくれるし、私を幸せな気持ちにしてくれているもの。

飼い猫オードリーへの手紙